日本に帰ってきたときには、柏の整体へ行ってもらいたい

図書館へ本を借りに。今日は金曜日なので、いつもよりも閉館時間が2時間遅いので、間に合う。

『たかぎなおこの花咲け!なでしこたち』(メディアファクトリー)を以前借りて読んだので、続編の『たかぎなおこの花咲け!なでしこたち2』を探したけど、まだ返却されていなくて借りられず。

その代わり、と言ってはナンだけど、『ヤマザキマリのアジアで花咲け!なでしこたち』『ヤマザキマリのアジアで花咲け!なでしこたち2』が2冊ともそろっていたので、借りてきた。

このシリーズ、NHK BS1で放送されている、アジア各地で自分の道を切りひらく日本女性に密着し、その様子を漫画家やイラクトレーターがスケッチしながらレポートしている、ドキュメンタリー番組なんですね。その書籍化、というわけ。

1年目がたかぎなおこさん。

そして、2年目がヤマザキマリさんだったというわけ。

私はたかぎなおこさんもヤマザキマリさんも好きなんだけど、その生き方は対象的。

とくにヤマザキマリさんは、『モーレツ!イタリア家族』や『イタリア家族 風林火山』を読んだときに、なんてバイタリティのある人だ、と思った。ある意味、『花咲け!なでしこたち』の大先輩のような存在。

そんなヤマザキさん、たまに返ってくる「遠い国」日本で感じる安息は唯一無二とか。

あぁ、こんなヤマザキさんには、柏の整体にも行ってもらいたい。

でも、日本にじっとしていることにはガマンできず、つかの間の休息を得たヤマザキさんは、また、世界へと旅立っていくのでしょう。