田無にある賑やかな学習塾

今日は兄の家に遊びに来ています。奥さんか出かけるとのことで、私にヘルプが来たのです。私の子供たちと兄の子供たちはとても仲良しなので、喜んでお手伝いにきました。

兄の長女は5年生。再来年は受験ということで、すでに塾に通っています。塾が終わってからみんなでご飯を食べに行こうということになり、田無の学習塾までお迎えに行きました。

私たち以外にもお迎えに来ている保護者がいて、子供たちも大勢。なんとも賑やかでした。賑やかすぎて、うちの子どとたちは、遊ぶ場所だと勘違いしたようです。塾に通わせている親は多いのですね。

その塾は田無でも屈指の進学塾で、レベルの高い学校へ行きたい子がたくさん通っているそうです。姪っ子も難関校を目指していて、日々努力しています。頭が良いので、受かるのでは?なんて、叔母バカですね。

うちの長女はどちらかというとスポーツタイプなので、部活動に励んでいます。次女がどちらかというとお勉強タイプなので、時が来たら塾に通わせるのもいいかなと思っています。その時のために、良い情報をたくさん集めておかなくてはいけませんね!

いわき市の整体

1月に私の父がバイクを乗っている時に交通事故に遭ってしまい、今は整骨院に通っています。
交通事故といっても、信号待ちしている時によそ見していた車と接触したという軽いものですが、一応大事をとってまずは整形外科に検査に行きました。
レントゲンではなんともなかったのですが、今も首のところに多少の痛みが残るので、近所の整骨院に通っています。

整骨院や接骨院は保険が効くのに、整体やカイロプラクティックは保険が効きません。
なぜかなと思い調べてみたところ、整骨院や接骨院は柔道整復師という国家資格を持った先生が開いているのですね。
でも整体やカイロプラクティックは整体の技術を学んだ人なら資格が無くてもお店を開くことができるようです。

震災の時に全国から福島県に労働者が詰め寄りました。
福島がちょっとしたバブルになった時に繁盛したのが、整体やマッサージ業。
一日の疲れた体をほぐしてくれるのは有難いですね。

この頃はいわき市の整体も忙しかったとか。
出張もできる整体っていうのが人気でしたね。
ホテルで休んでいる労働者がひっきりなしにマッサージに電話してたなんてことを聞きましたよ。

痛くない歯医者が増えています

歯医者と言えば、「痛い」というイメージしかわいてきません。
私は、子どもの頃から歯医者が大嫌いでした。
行けば、「ちゃんと歯磨きしようとね?」と、キツイ口調で言われるし、治療中は痛くてたまらず、歯医者の顔が鬼のように見えていました。
だったら、甘いものやめて、ちゃんと歯磨きして、虫歯を作らなければいいのですが、私には不可能かなと・・・。
ところが、最近では子どもさんでも、ニコニコしながら歯医者にやってきます。
「痛くない歯医者」というのが、主流になってきています。
待合室で、ジュースやお菓子の出るところも、驚きなのですが、治療中本当に痛くないんです。
テレビや、室内にはリラックスのできる音楽が流れ、待合室にいる時から、恐怖心が薄れていきます。
治療する時も、麻酔注射をする前に、表面麻酔と言って、はぐきに麻酔薬をぬり、感覚がなくなったところで、麻酔注射を打ちますので、全然痛くないんです。
これなら、子どもさんでも、嫌がりませんね。
キーンという音も、小さくなっています。
痛くない歯医者は、お住まいのところの近くにも、必ずあると思います。
わからない場合は、口コミサイトもありますので、ネットで検索して、見つけてくださいね。