虫歯治療のレベルについて

虫歯は進行具合によっては自分で治せるそうですが、そうは言っても初期中の初期の虫歯だと思うので、結局は歯医者に行かないと治せないと思います。
さて、虫歯の進行具合には大きく5段階のレベルがあるそうです。
レベル1の虫歯は「C0」で、歯の表面が白かったり半透明で溝が少し茶色い場合もあるようですが、まだ痛みは感じないようです。
レベル2は「C1」で、歯の表面に小さい穴が開いていたり。虫歯がエナメル質まで行ってしまっている状態のようです。
レベル3は「C2」で、冷たいものがしみたりするので、歯医者での虫歯治療が必要になるレベルとなるそうです。
レベル4は「C3」で、虫歯が歯の神経まで行ってしまって、ズキズキ痛くなる症状が出るので、神経を取り除くなどの治療をするようになるそうです。
レベル5は「C4」で、虫歯が歯の根っこまで到達して、神経も死んでしまっている状態で痛みすら感じなくなるそうです…。
C4の場合は放置すると膿が溜まってしまうので、歯を抜くなどの治療をするそうです。
歯医者嫌いの人は特になかなか歯医者に行かないと思いますが、逆に早めに行けばすぐに治ることがほとんどなので、(自分を含め)歯に違和感を感じたら歯医者に行った方が良さそうです。